トップページ

ごあいさつ

 新型コロナを契機に、私たちはたくさんの教訓を得ました。
 その1つは、グローバル化の負の側面が露呈したことです。マスクや医療用品の不足は、私たちの生活に深刻な影響を及ぼした他、部品の供給不足による生産活動の停滞といった事態にも直面しました。食料も同じリスクを抱えています。
 「自国でまかなえるものはできるだけ自国でつくる。」総合的な安全保障施策を確立すべきです。
 もう1つは、東京一極集中の脆弱性です。人の集まるところほど感染症に弱く、混乱も大きい実態が明らかになった今、地方こそがその強みを発揮できる時です。
 国の持続可能性の観点からも、財源・権限の委譲(地方分権)をさらに進め、地域の資源を生かした分散型社会の推進に本気で取り組む必要があります。
 「正直」で「偏らない」「現実的」な政治姿勢を貫き、政治への信頼回復を図り、行政監視と政策提案の両面に取り組み、新しい社会像をつくるために皆様のチカラをお貸しください。
 皆様からのご支援とご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

新着情報

2022/03/14
予算委員会~NHKテレビ入り~
ウクライナ侵攻、避難民・邦人の迅速な救済を  ロシアの侵攻によるウクライナからの避難民への支援や受け入れに、我が国も積極的に取り組むよう政府に求めました。  ま
続きをよむ
2022/01/21
本会議で代表質問
 政府4演説に対して、会派を代表して質問に立ち、様々な政策課題について具体策を提案し、岸田総理の考えを質しました。 コロナから人間社会、子どもたちを守る  重症
続きをよむ
2021/12/22
農林水産委員会~様々な懸案について議論
 農林水産委員会の閉会中審査が開催され、質問に立ちました。衆議院選挙を挟んで、約半年ぶりの委員会質疑となり、岸田内閣発足時に任命された金子原二郎新農林水産大臣と
続きをよむ
2021/07/08
議員運営委員会で質問~緊急事態宣言について~
 東京五輪開幕が目前に迫る中、4回目となる緊急事態宣言が東京都に発令されることになったのを受けて、参議院議院運営委員会が開催され、会派を代表して質問に立ちました
続きをよむ
2021/06/11
国の責任で種を守るべき!「種子確保法案」提出
 「農業用植物の優良な品種を確保するための公的新品種育成の促進等及び在来品種の保全に関する法律案」、通称「種子確保法案」を立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党
続きをよむ

舟山やすえ山形事務所
〒990-0039
山形県山形市香澄町3-2-1 山交ビル8階
TEL 023-627-2780
FAX 023-674-0278

舟山やすえ国会事務所
〒100-8962
東京都千代田区永田町2丁目1-1
参議院議員会館810号
TEL 03-6550-0810
FAX 03-6551-0810

活動日記